謝った手入れ方法が車の塗装を痛めてしまうかも

車は走行中に汚れなどが付着して、それが積み重なると汚くなってしまいます。また走行中に小石などが飛んできたり木の枝に擦ってしまうこともあったりすると、小さなキズが付いたりすることもあります。そのため車を利用しているのであれば、日ごろからメンテナンスをすることは大事なことであり、車をきれいにすることで気づかなかった傷などを発見できることがあります。発見した傷は小さなものであれば自分で直すことが可能なものもあり、大きな傷であれば早めに修理に出すことで余計な費用がかかることを抑えることができることもあります。このように日ごろからメンテナンスをすることで、良い状態を保つことができ長持ちをさせることができるので、きちんとした手入れの方法を知ることは大切なことになります。

洗車をする際に注意しなければいけないこと

車をきれいに保つときに行なう方法として簡単で効率的なことが洗うことになりますが、間違った洗い方をしてしまうと塗装を傷つけて車を傷めてしまうこともあるので、注意が必要になります。塗装は樹脂で出来ているためある程度の耐熱性があるとしても、真夏などの炎天下の日差しの下で行なうとボディの温度はとても高くなってしまいます。そのような時に作業をしてしまうと洗車中に塗装に傷をつけてしまうことが増えてしまうため、朝や夕方または日陰などで行うようにしましょう。また洗うときに利用するスポンジやタオルも重要なものであり、砂やホコリなどを付着させないようにしておくことが大切になります。砂やホコリがついていると洗っているときに塗装を傷つけてしまうので、必ずきれいなものを利用しましょう。

小さな傷でも十分に注意して直す

大きな傷であれば修理に出さなければ直すことは出来ませんが、小さな擦り傷などであれば簡単に目立たなくすることができます。小さな擦り傷などに使うものはコンパウンドという、とても細かい研磨剤を利用することになります。コンパウンドを使うことにより塗装をごく薄く削ることで、周りと大差ない状態にし目立たなくすることができます。しかし目立たなくするだけで塗装には小さなキズが付いており、コンパウンドを使って削りすぎるとその部分の塗装が完全にはがれてしまうこともあるので注意が必要になります。塗装がはがれてしまうとその部分から水などが浸入し、サビの原因になり周りをどんどん腐食していってしまうので、自分で直すことに不安がある場合は修理に出すことが無難なことになります。