車の塗装が剥げてしまう原因はなに

車の塗装が剥がれる原因は、自然現象による物と、人工的による物などがあり、そのまま放置すると錆が発生して、徐々に周囲の塗装面を浸食して車全体に広がってしまいますので、塗装が剥がれているのを見つけたら、早急に修理する必要があります。初期段階であれば剥がれた箇所を研磨した後、サーフェイサーを塗布して下処理をし、塗料を塗布した後にクリアを塗布して修復する方法か、タッチペンを塗る方法といった簡単な修復方法で済みますが、被害が大きくなると、劣化した部分を削りパテで修正した後に下処理をし、塗装した後にクリア塗布といった板金塗装となり、プロに依頼する方法となり高額な費用が必要となるので、初期段階で修復するようにします。また、塗料の剥がれは車の使用環境によって異なりますので、定期的にメンテナンスを行いチェックする必要があります。

自然現象による塗装の剥がれの原因

自然現象による塗装の剥がれの原因は、直射日光の当たる場所などに長期駐車しておくと、太陽光が発する紫外線によって徐々に塗装面の劣化が進んでいき、クリア面を薄くする性質を持っているので、ボディに鉄粉やブレーキダストなどの汚れが付き易くなり、このまま放置すると酸化して剥がれの原因となります。また、鳥の糞は消化液なので強い酸性となるので、ボディに付着すると変色やボディ表面に凹凸が発生する恐れがあり、虫の死骸や木の樹液などは有機成分となるので、変色や変質などが発生し、最終的には徐々に酸化していき塗装の剥がれる原因となります。さらに、走行中に飛び石などで傷ついた場合、塗装が部分的に剥がれてしまい、傷の深さによっては錆の原因となり、放置すると塗料が浮き上がってきます。

人工的による塗装の剥がれの原因

人工的による塗装の剥がれの原因は、洗車などを行った後にボディに付着した水分がレンズの役割をして太陽光を集光してボディ表面にダメージを与えるウォータースポットや、水道水に含まれるミネラル成分のみがボディに付着してダメージを与えるイオンデジポットなども、放置しておくと塗装面を浸食する性質を持っているので、次第に酸化して剥がれの原因となります。また、洗車時に埃などが付着した状態でスポンジやマイクロクロスなどで拭くと傷付きの原因となり、その傷から劣化が始まり塗装が剥がれる場合があります。さらに、コーティングと艶出しの役割を担うワックスは、油脂成分を多く含んでいるので、酸化しやすく、水垢や油膜となってボディに付着し、劣化が進むと塗装面にダメージを与えて剥がれの原因となります。